消耗品費の削減につながる|簡単に作成できる!3Dプリンターで手間をなくそう

簡単に作成できる!3Dプリンターで手間をなくそう

レディー

消耗品費の削減につながる

インキ

印刷には必ず必要です

トナーとはコピー機で文字を紙に印刷する際に必要な物で、ご家庭で使用するインクジェットプリンターで使うインクと同位置にいると考えるとわかりやすいと思います。インクジェットプリンターは紙にインクを吹き付けて印刷しますが、一般的に企業で導入されるコピー機はトナーを使用する構造のものが多いと思います。紙に静電気を起こしてトナー(粉)を紙につけ熱で溶かして定着させます。モノクロ印刷でしたらブラック(K)を使用します。カラー印刷ですとシアン(C)、マゼンダ(M)、イエロー(Y)を使って色を再現します。メーカーによって呼び名は少しずつ異なりますが、総称としてトナーで通じます。メーカーだけでなく、機種によっても印刷可能な枚数やトナー自体の価格は異なります。

ネット通販で楽々配達可能

コニカミノルタ製のレーザープリンターやコピー機をご利用の場合、メーカー純正トナーの利用を勧められるかもしれませんが、印刷枚数が多いと消耗品費がかさむのも悩ましい現状があるかと思います。今はリサイクルトナーが非常に高品質でコニカミノルタ純正トナーと比較して1/3から1/4という驚きの安価で手に入れることができます。コニカミノルタの各機種に対応した大容量パックや複数購入で更に割引が提示されていることもあります。トナーだけでなくコニカミノルタの各機種に対応したドラム、イメージングユニット、廃棄トナーBOXなどOA機器の維持に必要な消耗品も激安で販売されています。ネット通販で注文可能ですので大きくてかさばる消耗品をまとめて楽々配達してくれます。